滝坂担当社員の雰囲気って?

2019.10.21


このブログが就活生のみなさんに届くといいなと思いながら毎回記事を書いています。

就職活動中に気になっていたことってなんだったかなぁ…、と友人に相談したところ、「会社の雰囲気を知りたかった!」とのこと。確かに私もそうでした!

入社して約半年で、まだまだ会社全体のことを把握できていません。ということで今回は、私が所属している本社工事部と担当現場の雰囲気をご紹介します!(あくまでも個人の感想にはなりますが、参考までに)

本社工事部の第一印象は、優しいお父さんオーラが強い。話しやすい。の2点でした。最初は、「女性工事部員が今までいなかったから接し方がわからないよー汗」と言われたこともありましたが、私としては違和感なく過ごしています。

工事部で行っている斜面対策事業の中には様々な工法があります。ベテラン社員でも初めて担当する工法については初心者とも言えます。そんな時、立場は関係なく、その工法に詳しい社員に気軽に相談できる雰囲気です。私の場合は、スマホのアプリの使い方を聞かれたりしますよ。

続いて、滝坂を担当している社員の雰囲気はというと…、滝坂の工事は2か所あるため、上司が2人と私の3人で担当しています。3人で、食べ物、スポーツ、家族、大学時代のことなどいろんな話ができる柔らかい雰囲気です。

最近は、カメムシも滝坂現場事務所の一員です。上司の1人は「カメムシは友達みたいなもんだから、机の上を歩いていても気にならない。」
カメムシと共存タイプ

もう1人は「カメムシが気になってしょうがない!すぐに外に出す!」
カメムシ逃がすタイプ

私は「逃がしてもまた入ってくるから気にしない。けどお手洗いには来ないで!」
時にはカメムシ駆除タイプ

カメムシに対する反応は三者三様です(笑)

このように、色んな考え方・感性の人が集まって1つの会社です。
もしかしたら、会社の雰囲気はどの社員と関わるかで印象が異なるかもしれません。

実際に来てみるのが1番です!
会社説明会に参加したり、採用担当者に連絡をしてみてくださいね。
お待ちしています!詳しくはこちらへ。

ホーム > KDJ(興和土木女子)サイト > はるかの現場レポ > 滝坂担当社員の雰囲気って?