雪国の安全・安心な暮らしを支える冬期道路交通確保のために、さまざまな雪氷技術に関する調査・研究・開発・設計を行っています。

  • 路面消・融雪施設の調査・研究・開発・設計・施工
  • 凍結防止剤散布施設の調査・研究・開発・設計・施工
  • 流雪溝の計画・設計
  • 冬期バリアフリー計画策定
  • 雪害調査
  • 除雪計画の策定
  • 冬期路面状況・気象観測
  • 雪崩対策施設の計画・設計・施工

消・融雪施設

消・融雪施設

除雪計画

除雪計画

冬期路面状況・気象観測

冬期路面状況・気象観測

雪崩対策施設

雪崩対策施設

雪崩検知システム

●概要
 積雪地方の道路斜面などに設置し、雪崩の監視・警報発令・データ蓄積を行うシステムです。
 センサ・データ ロガー・携帯パケット通信端末を一つにまとめ、斜面積雪の移動量と移動速度
 の計測を長期にわたり監視します。積雪移動速度の急激な増加を素早くキャッチし、雪崩発生
 の兆候や発生の警報発令を行います。

●特徴
・斜面積雪の移動量を自動的に測定・記録することが可能です。
・低消費電力なので、バッテリーおよび太陽電池で運用が可能です。
・回転灯などの警報機を接続することで、移動量増加時に警報を発令することが可能です。
・携帯パケット通信端末を接続することで、遠隔地から現地状況を把握したり、雪崩発生を
 通知するメールを出したりできます。
・専用の監視ソフトで、積雪移動量、移動速度、気温等のデータをグラフ化・蓄積できます。
  

パンフレットPDFファイル



雪と氷の実験室

 

 

 

雪と氷の実験室

                    システム概要

雪と氷の実験室

建設技術に関する展示会などで、雪氷の科学や、消・融雪施設の原理を実験により分かりやすく説明しています。


雪と氷の実験室

雪と氷の実験室

▲ページTOPへ

技術・サービス